FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清岸寺HPリニューアル

年明けに清岸寺のHPがリニューアル致しました。
HPの境内案内も増やしましたので、ご覧いただければと思います。

最近はブログを更新しておりませんでしたが、またチョクチョク更新していきたいと思っております。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

平成24年 法然上人八百年大遠忌法要・施餓鬼法要 厳修

本日は施餓鬼法要でした。(※本年度より施餓鬼法要を7月25日から4月29日に日程変更しました。)
また、本年は合わせて法然上人八百年大遠忌法要を厳修いたしました。

本来、法然上人の八百年大遠忌は昨年でしたが、東日本大震災の影響で、大本山・増上寺でも一年延期して大遠忌法要をお勤めしております。清岸寺でもそれにならって一年遅れての八百年大遠忌法要をお勤めいたしました。

大勢のお檀家の皆様のご参列を頂き、ありがとうございました。
本日参列して頂いた皆様への記念品として、住職が撮ったり集めたりした清岸寺の歴史をものがたる写真をまとめた写真集『礎(いしずえ)』と、私が是非大遠忌法要の記念品にと提案した『法然上人のお言葉―元祖大師御法語―』(総本山知恩院布教師会)等を配布させて頂きました。
『法然上人のお言葉―元祖大師御法語―』はルビも現代語訳も付されていて、たいへん読みやすくなっております。ぜひ皆様に法然上人の生のお言葉を感じ取って頂きたいと存じます。

大法要の前には、箱根の阿弥陀寺ご住職の水野賢世上人をお迎えして琵琶による法然上人一代記の演奏がありました。水野上人は琵琶の名手であります。たいへん素晴らしい演奏と張りのある弾き語りの声が清岸寺の本堂内に響き渡りました。

箱根の阿弥陀寺は、公武合体のために徳川第十四代将軍家茂公の妻として降嫁された皇女・和宮様の香華院(御位牌をおまつりする寺)として有名です。和宮様が箱根塔之澤で他界され、徳川家の菩提寺である増上寺の末寺の塔之澤阿弥陀寺住職が通夜・密葬をつとめたことにより、和宮様の御位牌が阿弥陀寺の「皇女和宮葵御堂」に安置されています。また、阿弥陀寺は「あじさい寺」としても知られています。阿弥陀寺へ行くにはは大変急な細い坂道を上らなければなりませんが、非常に趣のある山の中にあるお寺様です。あじさいの季節ではありませんでしたが、私は一度だけ阿弥陀寺に参拝したことがございます。もうすぐあじさいの季節です。皆様も箱根に行かれた際には阿弥陀寺様にお参りして下さいませ。

お施餓鬼(せがき)と護寺費(ごじひ)払込の日程変更

昨年から告知している通り、今年(平成24年)から清岸寺のお施餓鬼は、昨年までの7月25日から4月29日(昭和の日)に日程変更いたします。
お檀家の方には今年のお施餓鬼のご案内が届いていることと思います。お塔婆を申し込みの方は、お早めに返信ハガキをお出しくださいね。

また、昨年まで春に郵送していた護寺費(ごじひ)の払込のお願いを今年からお施餓鬼のご案内と混同しないように7月に郵送することに変更になりました。護寺費の振り込み用紙が届きましたらご協力を宜しくお願い致します。

施餓鬼会(せがきえ)厳修

今日は、清岸寺で施餓鬼会(せがきえ)をお勤めいたしました。
天候にも恵まれて、滞りなく厳修することができました。ご参加頂きましたお檀家の皆さま、お手伝いいただきましたスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
例年に比べると大震災の影響か若干参加者が少なかったように感じます。

施餓鬼会は、盆・施餓鬼と称してお盆の前後に執り行うことが多いですが、いつ行なっても構わない行事です。
近所のご部内のお寺さんも、昔は7月にお施餓鬼を行なっていた所のほとんどが、5月や6月に日程を変更して執り行っています。
清岸寺でも、来年から気候の穏やかで涼しい季節にお施餓鬼を変更することになりました。
来年(平成24年)からの清岸寺でのお施餓鬼の日程は4月29日(昭和の日)です。
いままでは、曜日は関係なく7月25日の固定日でしたので、平日お仕事の方はなかなか参加し辛かったことと思います。4月29日は昭和の日で祝日ですので、いままでお施餓鬼に参加できなかった方も、ぜひ来年からはご参加いただければと思います。

お盆のお棚経(たなぎょう)

今日から東京ではお盆です。私は今日からお盆のお棚経(たなぎょう)に歩いて回っています。毎年、お檀家さんのご家族の元気なお顔を拝見でき、大変うれしく思います。

田舎と違い、都心ではお檀家さんがお寺の周りに密集しておらず、なかなかお棚経も回りきれなくなってきました。
新盆の方だけお棚経に回るお寺や、お盆の期間に関係なくお棚経に回るお寺も中にはあります。

清岸寺では新盆の方は合同で新盆法要を営み、お棚経には昔から回っているお寺の近所のお檀家さんしか回ることができません。
お棚経は件数が多いので、地域ごとに回るコースが決まっていてなかなか増やすこともできません。
中には、新盆の後にお棚経を希望されるお檀家さんもおられますが、ご希望に添えず申し訳なく思っています。

都心のお寺によってはお棚経を廃止した所もあります。だんだんとお棚経の形態を再考しなければならない時期にきているのかもしれませんね。
sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。