FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性のアンテナ

皆さんは「みやざき中央新聞」という新聞を知っていますか?
ローカル新聞なのに地域の話題が載っておらず、ニュースではなく啓発を目的とした新聞です。

今日は、増上寺で浄土宗東京教区布教師会の研修会がありました。その講師が「みやざき中央新聞」の編集長で、社説(オピニオンエッセイ)を書かれている水谷謹人(もりひと)氏でした。講題は「感性のアンテナを立てて情(なさけ)に報いる時代に生きる」です。

感動する話・為になる話・面白い話など、人生に必要な情報をを提供するために、常に感性のアンテナを立てて上質な情報(話のネタ)を仕入れているというお話でした。

その中でも「伝える」=教えるの謙虚形であるというお話がありました。伝わって初めて「教える」という目的が達成されるため、知っていること・分かっていることと、伝えることとは別であることをお話されていました。

教師をはじめ、政治家や、私たち僧侶(宗教家)は、伝えるべきこと・伝えたいことを伝える仕事ですので、相手の心を動かすような話ができるように、感性のアンテナを立てなければならないと感じました。

水谷氏の「みやざき中央新聞」の社説は、『日本一心を揺るがす新聞の社説』(ごま書房新社)としても出版されていますので、興味を持たれた方は読んでみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。