FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清岸寺本堂

清岸寺の建物は、戦災により全焼したため、現在の本堂は、千葉県南房総市の市部(いちぶ)にあった豪壮な民家を戦後に移築したものです。その建物は当時、岩井御殿と称されていたそうです。今村家は砥石を発掘して財を築いた家だったようです。

清岸寺の本堂は、大部手直しはしていますが、明治期の木造建築で、渋谷区でも珍しいそうです。

本日、本堂が移築される前のことを知る清岸寺の総代・岩本氏と共に、今村家の岩井御殿の跡地を訪ねてきました。
今村家の跡地は空き地になっており、残念ながら当時の面影はありませんでした。

その後、今村家の菩提寺も訪ねました。
今村家の菩提寺は、市立岩井小学校の東隣にある曹洞宗の福聚院(ふくじゅいん)です。
福聚院は、勝山藩酒井家ゆかりの寺院で、初代波の伊八(武志伊八郎信由)の欄干彫刻があります。また、房州ビワ改良種第1号の福聚院ビワの発祥の地だそうです。
墓地には、大変大きな今村家の墓石が3基ありました。

初めて本堂の縁の地を訪ねることができて感動しました。今後とも、清岸寺の本堂を大切にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。