FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中相『千年万年りんごの子』

近頃はあまりマンガを読む機会がなかったのですが、最近発刊された田中相さんの『千年万年りんごの子』第1巻を読みました。

『千年万年りんごの子』はマンガ誌「ITAN(イタン)」(講談社)で連載されています。

内容は、お寺の縁側に捨てられていた主人公が成人した後にお見合いで青森のリンゴの農家に入り婿し、村で近づくことを禁止されているリンゴの木のリンゴを知らずに妻に食べさせてしまうお話で、時代背景は昭和40年代のようです。

禁断の木の実を食べてしまうというと、『旧約聖書』のアダムとイヴを思い出しますが、これからの展開が楽しみです。

神話や伝説・伝承などをモチーフにしたマンガというと、私は諸星大二郎さんの作品が好きですが、『千年万年りんごの子』は諸星大二郎さんのマンガのようにオドロオドロシイ感じはまったくないので、男女を問わず楽しめると思います。

よろしければ皆さんもお読みなってみて下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。