FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「テルマエ・ロマエ」

皆さんは現在公開されている映画「テルマエ・ロマエ」はごぞんじでしょうか?

コミックを実写化した映画ですが、古代ローマと現代日本のお風呂をめぐる物語です。
題名の「テルマエ・ロマエ」とはラテン語で「ローマの風呂」という意味だそうです。
内容は、阿部寛さんが演じる古代ローマ人ルシウスと上戸彩さんが演じるヒロインの日本人女性・真実が、古代ローマと現代日本をワープして行ったり来たりするお話で、非常にコミカルで面白く仕上がっています。

日本人は世界の中でもお風呂好きで有名ですが、日本でのお風呂や銭湯の起源は実はお寺です。
仏教で沐浴の功徳を説き、入浴が奨励され、一般民衆へもお寺の浴堂を開放していったようです。
当初のお風呂は蒸し風呂で、後の時代になって浴槽にお湯を張り、そこに体を浸かるというスタイルになっていったようです。
仏教とお風呂についてはかつて法然院の住職をされていた橋本峰雄氏の『くらしのなかの仏教』(中公文庫)が触れていたように思います。また、最近では井原今朝雄氏の『史実 中世仏教』第1巻(興山舎)の第2章に「中世僧侶の清潔心と湯屋」として詳しく記載されています。

お風呂に日々入ることで、体の垢を落とすとともに、心の汚れも落としたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。