スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高祖忌(善導忌)

本日3月14日は、一般的にはホワイトデーとして知られていますが、浄土宗では高祖忌(善導忌)です。

高祖忌(善導忌)とは、浄土宗の宗祖・法然上人が師と仰がれた中国浄土教の大成者である善導(ぜんどう)大師(西暦613~681)の忌日法要です。

浄土宗では、宗祖の法然上人を元祖さまと仰ぎ、善導大師を高祖さまと仰いでいます。

善導大師は、『観無量寿経』の注釈書である『観無量寿経疏(かんむりょうじゅきょうしょ)』(『観経疏(かんぎょうしょ)』)4巻の他、『法事讃(ほうじさん)』2巻・『般舟讃(はんじゅさん)』1巻・『観念法門(かんねんほうもん)』1巻・『往生礼讃(おうじょうらいさん)』1巻の5部9巻(ごぶくかん)の著作を残されています。

その中で、『往生礼讃』は『六時礼讃(ろくじらいさん)』とも呼ばれ、1日を6区分に分けて行なう帰命(きみょう)・懺悔(さんげ)・礼拝(らいはい)が示され、浄土宗では節をつけてお唱えします。

六時とは日没(にちもつ)・初夜(しょや)・中夜(ちゅうや)・後夜(ごや)・晨朝(じんじょう)・日中(にっちゅう)の6区分です。

浄土宗の法要では特に「日中礼讃」の中の「三尊礼(さんぞんらい)」をよく唱えます。また、お通夜では「初夜礼讃」が用いられますが、その他の礼讃は普段なかなか唱える機会がありません。

今年は、高祖忌(善導忌)の法要として、清岸寺の職員一同で、一座の法要の中で六時礼讃をすべてお唱えいたしました。






スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。