スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『西遊記』における観音菩薩

『西遊記』の中に魚籃(ぎょらん)観音が出てきますが、『西遊記』における観音菩薩については沼義昭著の『観音信仰研究』にある以下の記事が参考になります。

「『西遊記』における観音の登場は、実はようやく明代になってからであった。南宋末成立の『大唐取経詩話』やそれの一部を伝える元代刊行の朝鮮の資料『朴通事諺解』中の話にも登場せず、明初の楊景賢作の『雑劇』に至って、観音は大活躍するようになる。ただし、この戯曲においては、観音は老僧と自称しており、女身ではないという。明刊本以降において、観音が女身たることを示すようになるのであるが、その箇所は次のとおりである。まず第十回、唐の太宗が助命を約束しながらそれを果たさず処刑された老竜の幽霊に、夢中で悩まされているのを、仙女に化して観音が楊柳の枝で追い払う。第二の箇所は第三五回、金角・銀角なる兄弟の妖怪が出現する場面である。太上老君が兄弟は自分の召使いの童子であると告げて、彼らを受け取って行くときである。これは明刊本の中、もっとも古い世徳堂本とよばれるテキストのみに出てくるのであるが、それと本文を同じくする『李卓吾先生批評西遊記』にも受け継がれている。これが岩波文庫本の底本であることは前述した。その場面で、金角・銀角兄弟が実は三蔵法師一行の志を試すために、観音が意図的に送ったものであることを太上老君に知らされた孫悟空は、「約束がちがうじゃないか(観音は孫悟空に苦難のときには自ら救ってやると約束している)。菩薩なんか、一生、行かず後家でいればいいんだ!」と悪態をついている。第三回は、第四九回通天河の場。南海の観音の住所落迦山の蓮池に住む金魚が通力を得て通天河の怪物となり、三蔵法師を河底に捕えてしまう。観音は孫悟空たちの請いにより、それを竹籠にすくい上げる。その条で、観音は「蓮の台(うてな)にも登らず、お化粧もせず、竹林に入って竹ひごを作っている」と述べられている。これが魚籃観音の起源でもあるというのは、いささか眉つばものの解説である。老女に化現する場面が第一四回と第五五回とにあり、第二三回では美女に化身する(回数は岩波文庫本による)」(沼義昭『観音信仰研究』佼成出版社、p390~391)
スポンサーサイト

魚籃観音(ぎょらんかんのん)

清岸寺の境内には、魚籃(ぎょらん)観音という観音様の石仏があります。三十三観音の一つで、手に魚の入った籠を持つ観音様です。
魚籃(ぎょらん)観音は、魚の入った籠を持っていたり大魚に立っていたりするので、地域によっては魚供養や海上安全祈願、大漁(→商売繁盛)祈願などでお祀りされることもあるようです。
この度、本堂に向かって右手にお祀りしていた清岸寺の魚籃観音を本堂に向かって左手(幡ヶ谷聖観音に向かって右手脇)に遷座いたしました。


魚籃(ぎょらん)観音について、仏教辞典の記事をまとめると以下の通りです。

・魚籃(ぎょらん)観音
三十三観音の一。手に魚の入った籠(魚籃、さかなかご)を持つか、大魚の背に乗る姿にあらわされる。中国の伝説より生じた観音。中世中国で起れる信仰で、経軌(きょうき、密教における経典と儀軌)経文には説かれない。なお、魚籃観音と馬郎婦(めろうふ)観音とは同体とされる。
本来は盂蘭観音(すなわち盂蘭盆に現れる観音の変相)であったが、元代の発音によると「ゆいらん」なので、たまたま発音の同じ魚籃となったという説がある。
唐代、若者たちに競って求婚された美しい魚商の女は、結婚の条件として『観音経』『金剛経』、さらに『法華経』の読誦を課す。ついに馬青年に嫁ぐことになったが、結婚式に臨んで急死してしまう。その美女が、じつは観音の化身であったという説話(『宋学士全集補遺』第三「魚籃観音像賛」)による。
魚籃観音の起源は、宋の洪邁(こうまい)の『夷堅志(いけんし)』に出てくる次のような話ともいわれる。海州昫山(くざん)に賀氏あり、世に観音像を画き葷(くん)を茹(くら)わず、価甚だ貴く、画亦甚だ工なり。一丐者(かいしゃ、物ごいする者)あり、瘡癩(そうらい)を病み、膿血潰出(かいしゅつ)し、臭気近づくべからず、鯉魚一籃を携へ、之を遣して画を求む。賀氏曰く、吾が家は累世葷(くん)を絶てり、何ぞ以て汚さんと欲するや。其人曰く、君の画く所真に逼らず、我れ貧にして乞人たりと雖、却りて収めて一好本を得たり、君之を欲するやと。賀喜びて灑掃(しゃそう)し、室を浄めて入らしむ。忽ち化して観音の真相となる。賀即ち弟子を呼びて焼香敬礼(きょうらい)す。遽にして所在を失す、室中異香満ちて歳月散ぜず、是に由りて画名益々彰われたりと。
また、裨史『西遊記』に次のような話がある。玄奘三蔵が西遊の途中、通天河を過ぎる時、水中妖魔に捉えられ、厄難を免れることができなくなった。悟空は補陀山に馳せ参じ、観音に請うと、観音菩薩は悟空と共に其の場所に到り、籃を水中に投ずると、妖魔は本身に復して籃中に盛られた。これを見ると一匹の溌溂とした金魚だったという。この話を附会し、これをその起こりとする説もあるが、信じるに足らないものである。
また、籃中の魚は龍を表したものともいわれる。
この魚籃観音を女形にするのは後世のことで、婦人の服で画するのは近代に始まるものであるという。
『法華経』第七普門品に「或遇悪羅刹。毒龍諸鬼等。念彼観音力。時悉不敢害。」(或は悪羅刹毒龍諸鬼等に遇わんに、彼の観音の力を念ぜば、時に悉く敢て害せず)とある経文に配されるけれども、これは後世の転訛である。

魚籃(ぎょらん)観音と同体とされる馬郎婦(めろうふ)観音については以下の通りです。

・馬郎婦(めろうふ)観音
三十三観音の一。中国の伝説より生じた観音。馬氏の妻(馬郎の婦)に応現した観音の意。無信心な若者を教化するため、美しい魚商の女に身を変えた観音は求婚する若者たちに対し、結婚の条件として『観音経』『金剛般若経(こんごうはんにゃきょう)』、さらに『法華経(ほけきょう)』全巻の読誦を課した。ついに馬青年に嫁ぐことになったが、結婚式に臨んで急死して見せ、なきがらを残して去ってゆく(『法華経顕応録』巻下)。『仏像図彙』巻二では馬郎婦と魚籃(ぎょらん)観音とは異なった尊容であるが、馬郎婦観音の説話は魚籃観音の物語より転化したものである。なお、後世になって馬郎婦は『観音経』の婦女(ぶにょ)身に、魚籃は羅刹の難を救う経文に配される。

勧進(かんじん)

勧進(かんじん)とは、『岩波仏教辞典』に「本来は、人びとを教化して仏道に入らせることを意味したが、後には社寺堂塔の造営・修復・造像・写経・鋳鐘あるいは架橋・溝池掘削・道路建設など、種々の作善に結縁して善根を積むことを勧め、金品を募集することを意味するようになった。起源は奈良時代の行基のころから始まるが、鎌倉時代初期の、東大寺を再建した重源が有名である。(以下略)」とあります。


奈良の東大寺の再建の勧進について、はじめに大勧進職が法然(ほうねん)上人に下命があったものの、法然上人が辞退して重源(ちょうげん)上人を推挙したことを、以前にブログの「大仏の日」の項で書きましたが、そのことが記された『法然上人行状絵図』(『勅修御伝』)の記事を以下にご紹介いたします。

「東大寺造営の為に、大勧進の聖の沙汰侍りけるに、上人(=法然)、其の撰に当たり給いければ、右大臣行隆(ゆきたか)朝臣(あそん)を御使にて、大勧進職たるべき由、法皇(=後白河)の御気色ありけるに、上人申されけるは、「山門の交衆(きょうしゅう)を逃れて、林泉の幽栖を占め侍る事は、静かに仏道を修し、偏えに念仏を行ぜんが為なり。若(も)し勧進の職に居せば、劇務万端にして素意もっぱら背くべき」由を、固く辞し申されけり。行隆朝臣、その志の堅固なるを見て、事の由を奏しければ、若(も)し門徒の中に器量の仁あらば、挙げ申すべき由、重ねて仰せ下されけるによりて、醍醐の俊乗房(しゅんじょうぼう)重源(ちょうげん)を挙げ申さる。遂に大勧進の職に補せられにけり。」(『法然上人行状絵図』第30巻)
sidetitleプロフィールsidetitle

清岸寺

Author:清岸寺
清岸寺・住職の弘之(お坊さん読みでコウシ)です。
学歴:大正大学人間学部仏教学科卒業、大正大学大学院修士課程修了。
趣味:読書、映画鑑賞、合気道(合気道歴20年)。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。